子どもがいても働きたい!主婦から正社員になるためには?

子どもがいる場合に、専業主婦から正社員を目指すのは少しハードルが高いのは事実です。子どもの年齢にもよりますが小さければ小さい程、あまり良い顔はされません。

 

 

ですので子どもの万一の時にどうするのか、自分の考えを面接前にはっきりとまとめておくことが大切です。


風邪などで幼稚園や保育園に預けることができない時は子どもの祖父母が療育する、あるいは病理保育等の施設に預ける手段をすでに整えておくことで面接の時にも即答できます。

 

また子どもの行事の際にはどの程度の行事まで休むのか、代理で誰かを頼めるのか、一日休むのではなく行事の時間帯だけ会社を抜けて出席するのかも決めておく必要があります。

 

子育てに対して大企業のほうが中小企業よりは受け皿が整っていることが多いですので、あらかじめ福利厚生などについてネットで調べておくといいですね。

 

 

正社員で採用されるためには、子どものいない女性と同条件で働ける女性がやはり好まれます。


いつ休むか分からない女性よりも、毎日出社が確実な女性のほうが雇用する側も安心感がありますよね。ただもう子どもが大きくなっていて、これ以上出産予定がないというのは女性でも強みにはなります。子どもの行事や病気で休む予定がないことは正社員になるためには大きく関わってきます。

 

それでも正社員にというのはかなりハードルが高いものですので、正社員も募集している企業のまずはパートからスタートするというのもひとつの方法です。最初はパートではありますが、働く時間や日数も正社員に近づけていけば福利厚生も正社員並みの扱いになりますし、あなたの頑張り次第ではパートから正社員への昇進も十分に望めます。